スロット モンスターハンター 月下雷鳴 曲

スロット モンスターハンター 月下雷鳴 曲

林はそれほど広くはないので、林での食料の調達は2人という事に決めている

残った3人には南側の岩場で釣りをしてもらい、魚を確保してもらうという計画だ

 分担は俺とナタリアが林の中での食材の調達を担当し、残った3人には釣りを担当してもらう事になった

あなたも好きかも:ピエロ スロット台
幼少の頃から森で何度も狩りをしていたから俺はこのような環境でも動きやすいし、サバイバルの技術も訓練のおかげで身についている

あなたも好きかも:パチスロ 見える化
ナタリアはサバイバル訓練を受けたことがないらしいので、彼女の訓練にもなるだろう

 ラウラに釣りをお願いしたのは、彼女にはエコーロケーションという能力があるからだ

メロン体から発する彼女の超音波なら、海中の魚を用意に察知できるだろう

魚群探知機みたいな使い方だが、それなら効率的に魚を調達できるに違いない

あなたも好きかも:カジノ すごろく
実際に昔のサバイバル訓練でもその能力を発揮し、素早く魚を探知して釣り上げていたから大丈夫だろう

「ねえ、タクヤ」「ん?」 木の根の近くに生えていた野草を摘んでポーチに入れていると、ククリナイフを使ってキノコを採っていた筈のナタリアが声をかけてきた

何かを見つけたんだろうと思いながら立ち上がり、彼女の傍らへと向かうと、ナタリアは大きな植物の茎から生えた真紅の実を凝視していた

 茎から伸びた短い枝のような部分に、びっしりと小さな真紅の実が生えている

まるでトウモロコシの実を紅色にしたような毒々しい植物だ

確かこの植物もサバイバル訓練の時に何度か目にしている

「こいつは『クレナイトウモロコシ』だな

色んな気候の森の中に生えてるトウモロコシの一種だよ」「そうなの? じゃあ、焼トウモロコシにできるわね!」 目を輝かせながらその紅いトウモロコシをククリナイフで切り落そうとするナタリアだが、俺は素早く手を伸ばすと、ククリナイフを手にしていたナタリアの白い腕を掴んだ

 トウモロコシの一種っていう前に、これの特徴も説明しておけば良かったな