スロット 別積み 盗難

スロット 別積み 盗難

大戦の4英雄が全員この世界から"旅だった"上で、侵略戦を仕掛けて、楽に国土豊かな、安定した四季の巡る国を奪えると思ったのに、いつの間にか新しい英雄候補が3人も育てていた

自国のサブノックやヘンルーダは、セリサンセウムに正直宜しくない感情しかなく、更に英雄候補だといっても、まだ成人にも満たぬ小童(こわっぱ)と見くびっていましたから

それが初戦から死亡者は想定の範囲以上に少ないが、まともに動けなくなった、戦意を喪失した兵士が予想の何倍にもなりましたからね

それでも推し進めたけれど、やがて兵はあれど、"英雄候補が参戦する"という情報が入ったなら動かないという不様な有り様

しかしながら、英雄候補が関わってない戦いでは、セリサンセウムの平和ボケした兵士の皆さんのお陰で此方がまあまあ有利だった様ですので、結果というなら"とんとん"なのでしょうね』まるで失敗した商いの取引の話しでもするように、スパンコーンは肩を竦めた

『だから為政者や、サブノックの好戦的な軍人の方々は講和ではなく、停戦という形をとって、新しいセリサンセウムという国の英雄の情報の獲得に躍起になった

それに併せて、セリサンセウムの新しい英雄候補に対抗する人材を育てようって事になったんだが……

まあ、美少年の後ろにいるグランドール・マクガフィンは人材育てるよりも、兵器やら作った方が良いんじゃないかとか

あなたも好きかも:ネクソン オンラインゲーム サービス終了
メイプルって"女の子"は調べたなら、さっき言ったのもあるけれど、他にも何処の国にも浸透している"大地の女神信仰"に基づいて、慈善活動を国境構わず行っていてな

あなたも好きかも:潰れ た パチンコ 屋 茨城
皮肉な事に、数名だが己の家族や一族、特に為政者の孫を助けていて世話になった奴もいたわけだ

あなたも好きかも:ビート マニア パチスロ
だから、"メイプル・イベリスを殺す事はどの国にとっても下策だ"という意見が纏まった

戦争に綺麗事も何もないかもしれないが、メイプルという少女を謀略で誅殺することは歴史にその卑怯の行いは確実に刻まれる

捕虜にしたとしても、恩知らずの国としての汚名は免れない

諸国連合しての侵略戦の表だった理由は、簡単に言ったなら"セリサンセウムは広い安定した国土を独占して狡い"って事だからな

それに、セリサンセウムのグランドールもメイプルも確かに郡を抜いて強くはあるけれど、なんやかんやで、残りの1人が英雄候補達の間で策を練っているのも情報を集める上で、判ってきてね

それがネェツアークで、噂じゃ彼が"なりたくてなれるものじゃない賢者"の資質まで持っているという

賢者になるかもしれない相手に、俺なんかがとも烏滸がましいが、ヘンルーダ側の役目として対立に俺が鍛えられたわけだ』スパンコーンに続くように、装具をガチャリとならして肩を竦めた

ネェツアークと対抗し、鍛え上げられた人材というヘンルーダの黒髪の英雄を、アルセンは改めてじっくりとみる