パチスロ 基盤抽選

パチスロ 基盤抽選

一回飲んでるし説得力はないが

いいのだ

「たまには、雑談したいかなと思いまして」ワインを傾けながらアルデハイトは話し出す

「セイは凄かったな

俺の魔族イメージが一変したわ」暴力と性的アピールだけで、知性の欠片も感じなかった

「正直言いまして、ああ言う魔族も、多少はおりますよ

 粗暴で頭の悪い、獣のような連中です」「しかし、殆どは理知的で進歩的です

あなたも好きかも:越谷 2円 パチンコ
 数十ラグヌス前にスガ様と激しい衝突したことも踏まえて、 他種族に門徒を開こうという動きも盛んです」アルデハイトはワインをチビチビと飲みながら、俺に語る

「流れ人というのはですね、タカユキ様」「うん」「他種族と似た性質や形態をもった方たちは来るのですが」「そうだな

タコの流れ人や機械人の流れ人が居たとは聞いた」「魔族に似た個体は、おそらく最初の流れ人、 ナゲメルチャ・ギマグランヌのみなのですよ」あのなんちゃら星から呼ばれた羽根の生えた人間もどきか

「それ以降、来てないの?」「一人も来ていないのです

あなたも好きかも:パンク スロット
 故に、我ら魔族は勢力を縮小され続けているとも言えます」アルデハイトはチーズなどを食べながら、二本目のワインを開ける

顔色は変わらない、酔ってはいないようだ

あなたも好きかも:蒼天の拳 スルー パチンコ
「やっぱり人間が多い?」「そうですね

人間が八割、他種族二割くらいの割合です」「何かと関係あるのかな……」「私の推測ですが、いや、あくまで推測ですよ

聞き流してください」「うん

聞かせてくれ」「この星自体が人間の流れ人を求めているような気がするのですよ」「人間を?」「それも"特定の誰か"をです」アルデハイトはライーザの寝ている寝室を見ながら「まるで、失った恋人を求めているような感じがします」「この星が?」「残された文献や歴史を紐解けば紐解くほど、 私はいつも、その様な結論にたどり着くのです