パチンコ 勝ちの波

パチンコ 勝ちの波

風音はイモータルマシラ退治の前の王都を出る際にこの男とマッスルクレイの許諾権の交渉などをしていた

「それが自立型ゴーレムの馬なのですか

なんとも厳ついものですね」 アガトが風音の乗るヒポ丸くんを驚きの目で見ている

 なにせ全身甲冑で覆った大型の馬のように見えるヒポ丸くんは、額に黒岩竜の牙を使用した巨大な角を生やし、さらに左右に量産型タツヨシくん兜形態にタツヨシくんドラグーンの武器である竜角トンファーも積んである

あなたも好きかも:パチンコ めぞん一刻 ゆうタイム
ちなみに黒岩竜の角にあわせて全身は漆黒で統一されている

なんというか恐ろしくゴツく、傾いた、未来世紀の世紀末的な覇王さんなコンセプトでもあるのかという格好であった

未来なのに世紀末である

恐ろしい

その上に子供がチョコンと乗っているのがなんともアンバランス過ぎた

 そしてアガトも聞かされなければ実際分からなかったろうが中に入っているのは馬ではなくゴーレムの術で動いている特殊な粘土だ

あなたも好きかも:爆裂天使 パチンコ
その上に首の裏のチャイルドストーンの魔力供給のおかげで術者からの魔力の補給も必要としない完全自立型

これは古代遺跡のガーゴイルなどと同類の存在であると言える

あなたも好きかも:スロット 1時間 回転
 現行の魔法具を扱う人間としてはある意味では到達点の一つに当たるシロモノだろう

「羨ましいものですな」 アガトはそう口にしたとおり非常に羨ましそうな顔をしてヒポ丸くんを見ていた

「うーん、材料さえ揃えば造ることも可能だよ

他の人の命令を聞くようにも出来るしね」 アガトの目が見開く