熊本 禁煙 パチスロ

熊本 禁煙 パチスロ

 だが、全く同じというわけではないようで、ここにしかない現象があった

「ああ、やっとだ……」 あらゆる方向から、視線(・・)を感じる

 まるで眼球の水晶体を進んでいるかのように不気味で、不安で、おどろおどろしい

あなたも好きかも:いわき スロット 爆サイ
 例の『切れ目』の中に、いま僕は入っているのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 釘曲げ
初めて視線が合ったときは余りに広大過ぎて、原初の恐怖しか感じなかった空間だ

あなたも好きかも:パチンコ 1k とは
 だが、もう恐怖は一切なく、ただ感慨深く、見回していく

「やっと、辿りついた……

ここが……」 ――こここそが、迷宮の100層

 だが、まだだ

 僕好みのラストダンジョンのラストフロアらしい階層だが、まだまだ浅い

そして、『魔の毒』が薄い

 この程度のところで止まれるものかと、景色を楽しむよりも歩くことに集中する

 進めば進むほど、足元に抵抗を感じ始めた

 次第に、ぱちゃぱちゃという音が聞こえ始めて――いつの間にか、真っ黒な浅瀬を歩いていた

「これは……?」 何もないところを歩いているはずなのに、黒く淀んだ水の浅瀬が存在しているように見える

 《ディメンション》で違う角度から見ると、厚さ三センチほどの水の層のようなものが浮いていた

 この100層は、『水の理を盗むもの』ヒタキの階層でもある