マダオ 写真 スロット

マダオ 写真 スロット

「教育って、そんなもの?」「そんなモノじゃないッスか?」 真顔で近寄られて相川は少し背中を仰け反らせ、顔をしかめた

「先輩も、子どもの頃とかおじさんおばさんと一緒に遊んでいろいろ学んだでしょ?」 首を傾げられ、優樹はピタッと固まると元の位置に戻って視線を斜め下に置いた

「私……、お父さんたちと一緒に遊んだ、っていう思い出とかあんまりない」 分が悪そうな呟きに、相川は「……あ」と気まずく声を漏らした

 それもそうだ

彼女の家柄を考えれば大島も父親として彼女の相手をしてあげられなかっただろう

それは反町も同じだ

 相川は「あー……」と言葉を濁していたが、すぐに笑顔を繕った

「それなら余計に

二人でちゃんと子育てして教育しないと」 うん! と強く頷かれ、優樹は怪訝に顔を上げた

「教育って? まだ一歳だよ? 必要?」「必要じゃないッスか? もう結構歩けるし、ブツブツしゃべってるし」 当然、と言わんばかりの表情に、優樹はまたキョトンとし、焦り気味にジリッと近寄った

あなたも好きかも:ビースト バスターズ スロット
「ど、どんな教育とか? 相川君はどんなことしてた?」「オレは得には……」 相川はまた背中を仰け反らせて首を傾げた

「先輩は? 小さい頃、どんなことさせられました?」「私は……ピアノとかバレエ