バサラ スロット 3

バサラ スロット 3

「そっか

ヒラヒラ?」「いいえ、簡単なデザインの方と、ワンピースですよ」 エミーが素っ気なく言う

あなたも好きかも:バジリスク 2 パチンコ 曲
恥ずかしいみたいだ

「デザイン?」「あ―――図案のことだね」 エミーが自然に『デザイン』と言っていたので気付かなかったけど、エミーの言葉はドロシーに全く新しい言葉として伝わっていたみたい

そっか、注文生産(オートクチュール)でしか服を作らないから、デザインだけを独立して考える発想がなかったわけね

あなたも好きかも:金がない時 パチンコ
 そう考えてみれば、デザイン画だけをホイッと渡して服選びをさせるのは、ドロシーにとって衝撃的だったんじゃなかろうか

既製服(プレタポルテ)の発想が、たった今生まれたかもしれないのか

「それにしても、どうしてあんなに締め上げたりお尻を大きく見せたりするのかしらね」 コルセットやパニエやら、やたら着込むもんね

それでいてシルエットをほっそり見せなきゃいけないんだから、女の子は大変ね

ボン、キュッ、ボンじゃないと納得されないなんて、いい加減男性目線だよなぁ

「胸を強調するのはお乳がよく出ますって宣伝なんだよ

あなたも好きかも:溝の口 パチンコ ノアアークス
腰が細いのは妊娠してない証明だからだよ

お尻が大きいの安産型だよって周囲に知らせてるからだよ」「へぇ~」 私が身も蓋もない説明をすると、ドロシーは得心した顔になり、エドワードは顔を赤らめた

君ら、普通逆だろうに

「ラナたんは何か作った?」「私は遠慮しました

魔物と戯れてました」 冒険者として身を立てる決意があるのかしらね

強くは言えないし、ヒラヒラスカートに忌避感もあるんだろうね

ドロシーは立場上、そろそろドレスを着込む機会が増えていくだろうし

エミーに関しては…………そう遠くない時期に、着る機会がやってくるんじゃないかと