スロット キングパルサー 天井恩恵

スロット キングパルサー 天井恩恵

もしそうなら……こんな感情は間違ってるけど、良かったって思ってしまうんでしょうね」 僕らにとってみればどちらにしても同じ、名前も顔も知らない相手だ

けれどマーリンさんやその部下、此処にいる大勢の騎士からしたらそうではない

知り合いじゃなくて良かった、知らない人間ならどうなっても良い

別にそんな非道なことを誰も考えやしないけれど……でも、やっぱり大切な仲間のあんな姿を見せられたら……っ

どっちに転んでも僕らは胸が痛くて、ただそれでも身近な人の悲劇に苦しむ人を目の当たりにする分、そうでなければと願ってしまわずにはいられない

「お疲れ様です

検死にはまだ時間がかかります

現場の状況整理等したいので、少しだけお話を伺ってもよろしいですか?」「はい、私達に手伝えることがあるのならばなんでも」 椅子に座って項垂れるばかりの僕らに声を掛けたのは、帯刀こそしているものの鎧などは身に付けていない立派な体格の男だった

あなたも好きかも:百花繚乱 サムライブライド パチンコ 潜伏
どうやら街の警官らしい

僕らは例の鎧が現れた場所と時間、それからその時にあった他のめぼしい出来事を尋ねられた

あなたも好きかも:マッセナ バカラ
「場所は大通りを真っ直ぐに抜けて、その先の住宅街も抜けて

人気が無くなって更にしばらく歩いた所でした

時間は今からおよそ一時間と少し前で……」 どうしてそんな所へ? と、警官は僕らに尋ねる

当然の疑問だし、職務上欠かせない質問だろう

けれど……どこか僕らを疑っている言葉にも聞こえてしまって、なんだか少しだけ胸が苦しかった

別に警官がそういう素振りを見せたわけじゃない

ただ、まだ自分達が街の信頼を得られていないからという自覚のせいで……「今日は街を見に来たんです

初めて来た場所の、色んなものを見たくて