林守根 パチンコ

林守根 パチンコ

 誰もが美味しそうに料理を食べ、酔っている勢いもあって盛大に笑いながら楽しそうに会話をしていた

あなたも好きかも:kyoraku pachinko
 これだけの人がいるということは、ここの料理は期待できそうだ

 レミとスゥは、入った瞬間に勢いに飲まれそうになって身を引いた

あなたも好きかも:ドロロンえん魔くん パチンコ スペック
 流石繁盛している店は凄いなと、心の中で呟いた

 スゥは少しうるさそうにして片耳を塞いでいる

 元より耳がいいので、こういった大音量はスゥが苦手とするものだった

 来店に気が付いた店の者が、話しかけてくる

「いらっしゃい! お二人さんかな?」「はい」「んじゃ、こっちどうぞ! おーい! 飲み物東の三番ー!」「あいよぉー!」 案内された席に座ると、すぐに水が届けられた

あなたも好きかも:パチスロ 番長 2 フリーズ
 そしてすぐに注文を取ってくれる

「何にする?」「おすすめはあるかしら?」「だったら海産物だな

アテーゲ領の魚は新鮮だからね! いろんな魚の塩焼きと、蒸し焼きがあるよ! おすすめの魚はタラエだよ!」「じゃあその塩焼きで

それとエールを一つ

この子にはミルクをお願い」「っ! っ!」「え? あれが食べたいの? じゃああの大きなお肉もお願い」「かしこまり! 次頼むときはその辺の店員を呼んでね

おーい! 東の三番、エールとミルク、タラエの塩焼きとダコタ焼き!」「あいよぉー!」 注文を繰り返し、カウンターへと声だけで伝えて行く

 東の三番と書かれた小さな棚の中に、数字の書いてある札を入れた