デュエルドラゴン スロット 設定差

デュエルドラゴン スロット 設定差

 敵《ターゲット》を狩る為、四人の行う狩猟《ハンティング》は最終段階へ踏み込んでいた

──"ペルペテュエル・フラム"、廃樹

 エマとクロウ、レイヴンは先程の部屋とは別の部屋に移動しており、その場所にて戦闘を繰り広げていた

あなたも好きかも:コガネ スロット
「「……!」」「……」 クロウとレイヴンは剣と槍、自分達の持つ武器を目に求まらぬ速度でエマに向けて振るっていた

 その軌道を全て読み解き、一太刀も受ける事無くエマは避け続ける

横からはエマを目掛けて矢も飛んで来るが、エマにとってはあって無いような物

あなたも好きかも:佐藤あずさ パチンコ
気にする必要の無い物だった

「チッ、先を読まなきゃ避けられるな……」「種族が分かれば割りと楽になるんだが……ルックの矢も意味を無さねぇ……!」「ふふ、まだまだだ

私も貴様らを仕留めなくてはならないからな……そろそろ攻めさせて貰う……!」 刹那、エマは剣と槍、そして矢を掻い潜り、一呼吸を終える間にクロウ、レイヴンとの距離を詰めた

その拳は握られており、一瞬も掛からずに二人へ向けて拳を放つ

「……ッ」「……ッ」 クロウとレイヴンはそれを受けるが剣と槍で防ぐ

そしてエマの拳を防いだクロウの剣はエマの拳を切断した