レット ドック

レット ドック

ルイーズとメフィルスは興味深そうに聞いているが、風音自身が口にする以上のことには特にツッコミはいれなかった

 そして風音たちは竜船の進んだ後を追って進み、夕方には街の中に入った

なかなかの大都市で色々な人やものが溢れている街だったが、そのなかを横切る漆黒の甲冑馬と装甲武装した馬車はそれでも明らかに目立っていた

◎ウォンバードの街 夕方「そりゃ、どんなものに乗っていようとそれは勝手ですがね」 あまりにも人が集まったせいで、衛兵たちもやってきて御者席にいたジンライが事情聴取されていた

「まあ、あまり目立たんようにしてください」 もっともただ街に入っただけである

特に咎められる要素もなく、その場でジンライたちはペナルティもなく解放となった

あなたも好きかも:アメトーーク パチンコ
この良さに惹かれる連中が集まっただけだろうに」「そうだよねえ」 ジンライのぼやきに御者席の裏の窓から風音が同意する

 その後ろで二人の会話に一同がため息をついていたが、実際ジンライの言う通り、恐れだけではない、何かしらの憧憬の視線を送る人間も少なからずはいた

特に荒くれ者らしき人種からは「すげえぜ」「ああいうのが欲しいんだよなあ」「いつかは俺も」などの声もあがっている

モヒカン男が興奮の余り絶叫していた

あなたも好きかも:土日 で 勝つ パチンコ
その反応を見てジンライも若干のドヤ顔である

こんなジンライはルイーズも初めて見た

 もっとも実際の乗り心地の良さもあって他のメンバーもこの馬車に対して強く出れないでいる

あなたも好きかも:グラブル カジノ めんどくさい
内装も豪華で中で過ごす分には非常に良いのだ