スロット ロータス

スロット ロータス

「違うっ

僕たちは君を助けに来たんだ」 そう言い切り、ティーダよりも前に出る

 ただ、その言葉の意味が少女は理解できないようだった

「私を助けに……?」「うん

一緒に、ここを出よう

あなたも好きかも:ブラッド+ スロット 初代
こんなところで、君がこんな目に遭い続ける理由はない」 師匠は少女の火と化した手を握ろうとした

 そこで少女は「助け」という言葉の意味を理解したようで、逃げるように手を引く

あなたも好きかも:ウルトラセブン2 パチンコ セグ
「ありがとうございます、仮面の人

あなたも好きかも:パチンコ 牙 狼 魔界 の 花
でも、私は行けません」「行けない……? どうして?」「この部屋から私が出れば、この街から明かりが失われます

それだけで、私がここにいる理由は十分です」「それは……」 私が予期していたものと同じ言葉が、少女の口から吐かれた

 ――さあ、本題だ

 これ(・・)をここで話したくて、ティーダは計画の説得の部分を隠していたのだろう

 私は動かずに静観する

緩む口元も、きちんと引き締める

 そして、たじろぎ黙ってしまった師匠に向かって、ティーダは話を補足していく

「カナミ

この街の全ての幸せは、こいつの炎で成り立っている

そして、いかに『火の理を盗むもの』といえども、街から離れすぎれば、その炎は維持できない」 師匠にとっては、あえて考えないようにしていた部分だろう