医学生 カジノ

医学生 カジノ

「では、どのような罰がいいかな?ハーディス」「はい

私は名案を思い付きました

彼女の地位を汚すこともなく、反省を促す罰を……」「それはどんなものだ?」「それは……彼女も迷宮(ダンジョン)へ突き落とせばよいのです」「……は?」 アーミュは伏せていた顔を上げて、聞き間違いではないかと疑う

「なるほどっ!それは名案……いや、しかし待てよ、彼女は貴族だ

平民であるナチュタルが熟せたことを貴族である彼女にやらせるのはどうかと……」「あ、あの……殿下?」 話が弾む二人に盛り上がらないでほしいとばかりに縋(すが)ろうとする

「大丈夫ですよ

ちゃんと罰になるような迷宮(ダンジョン)を選べば良いのです」「そんな都合の良い場所が――」「あるではないですか

あなたも好きかも:カスタムオーダーメイド3d2 スロット
女性ならば絶対に足を踏み入れたくない迷宮(ダンジョン)が……ゴブリンの迷宮(ダンジョン)です」「――っ!!?」 タイオニア大森林の中にある迷宮(ダンジョン)だ

 何時ぞやか、クルシアが行くと言っていた場所だ

あなたも好きかも:日本 カジノ 国営
「なるほどなぁ、いや、しかし……」「これは罰なのですから、殺されない程度の迷宮(ダンジョン)で、騎士が時間になったら、すぐに助け出せるように待機していれば良いですし、かつ、彼女にとってはリュッカさんよりも優れていることを証明するチャンスとも捉えられますし、女性にゴブリンの迷宮(ダンジョン)へ向かわせるのです

十分では?」「いや、素晴らしい案だよっ!ハーディス

さすがだ」「いえ……」 勝手に話を盛り上げる二人についていけない様子のラサフル親子

あなたも好きかも:スロット 役 英語
 アーミュは恐る恐る尋ねる

「あの殿下……」「何だ?」「わたくしには無理ですっ!ゴブリンの巣窟に一人で赴くなどっ!!」 ハイドラスとハーディスは不思議そうに、揃って首を傾げる

「おかしなことを言う奴だ

自分で言っていただろ?昨日……」「言っていましたね

リュッカさんに劣るなんてあり得ないと……」「いや、それは……」「彼女を蛆虫と見下していた君だ……ゴブリンの迷宮(ダンジョン)に放り込まれるなど、どうと言うことはないだろう」 アーミュは自分の発言に後悔する

 あんなことを言わなければよかったと、呪いのように頭の中で唱え続ける

「まあ勿論、一日半は完全に置き去り状態にするつもりなので、そこで起きたことは、こちらで責任は負いませんよ