スロット ガンツ 評価

スロット ガンツ 評価

シウェルハインが現皇帝の権限によってニーウェの皇位継承権を復活させ、最有力候補に認定したとはいえ、それでミズガリスやミルズといった候補者が納得するわけもなかった

表面上、納得したような素振りこそしていたものの、腹の底ではなにを考えているのかわかったものではない

これまで何十年もの時をかけて継承権を争い続け、最有力候補と呼ばれるまでになったミズガリスの心情はいかばかりか、腸が煮え返り、憎悪や嫉妬といった感情が膨れ上がっていたとしても不思議ではない

そして、候補者としての立場を取り戻すため、ニーウェを事故に見せかけて殺すべく、策謀を巡らせることもありうることだ

 もちろん、ニーウェが不審死を遂げるようなことがあれば、真っ先に疑われるのが別の皇位継承権保持者なのだが、そこはいくらでも誤魔化しようがある

 シウェルハインは、ニーウェに暗にそういい、身の回りの警護を厳重にするようにとまでいってきている

ニーウェも、それは理解しているし、身辺警護を緩めたことはなかった

三臣だけでなく、イェルカイムの弟子たちを護衛に加えた

あなたも好きかも:内子 パチンコ 求人
それはつまり、弟弟子たるニーウェの家臣団に加わることだったが、イェルカイムの弟子たちは、ニーウェの呼びかけに喜んで応え、必死になって警護にあたってくれていた

ニーウェが皇帝になれば、彼らの栄達は思いのままだからだ

 自分の安全に関して言えば、なんの心配もなかった

 ランスロット、シャルロット、ミーティアら三臣がいて、イェルカイムの弟子たちが護衛についてくれている

イェルカイム自身も目にかけてくれているし、ニーナもニーウェの護衛を最優先に動いてくれていた