パチスロ 朝一 恩恵

パチスロ 朝一 恩恵

外に出てすぐに銀海老を海老剣にモードチェンジさせて鞘が無いので、ダガグロの渡してくれたロープを使い抜き身のまま腰に帯刀する

俺とタガグロはロッジを出て、地図を見ながら地下都市北部の壁を目指す

広い農村や農地を過ぎて、草原部分にさしかかると人工太陽が照らす、長閑なこの世界の舗装されていない土の道を、何台ものも細長いトラクターの荷台に大量に乗った機械人間たちが南部の出口を目指して移動していく

俺たちはそれを道脇に逸れて避けつつも、ひたすら歩き続けて北壁を目指す

「下部の空間にたどり着くまで、六ダール(時間)くらいかな」俺は歩きながら地図を広げる

「そうやろね

ところで機械人間さんたちは うちたちみたいに洞窟でナ・ズマークの触手には襲われんのやろか」「一応彼らも創造主だから、大丈夫なんじゃないか? バルージャも何も言ってなかったし」「何も無ければええけどねぇ」「そうだな

あなたも好きかも:パチンコ 千 円
しかしこの都市っていうか空間を廃棄するのはもったいないよな」「それはうちも思ったわ

でもバルージャさんは、ここをきっぱり捨てることで 外に出るための禊ぎにしたいんやないんかな」「そうか

まあ、仮に使うにしても交通の便が酷すぎるし、放棄が一番の策なのかな」「そういうことやろ

あなたも好きかも:一ノ割 ぱちんこ
お、たっくん北壁見えてきたで」二人で地平線の先に見えてきた空の下に微かに見える土の壁面を見つめる

「空が壁に映されてるんだよな」「そやね

あなたも好きかも:パチスロ bayonetta
だからとんでもなく広そうに感じるけど、まあ直径は中央山くらいやろな」「彼が作り直す前は、ここにビルが並んでたんだろうな」「やろね

よくここまで直したわ」「ローレシアンで環境対策大臣とかになってもらうか」「あははっ