パチスロ 美ラメキ!

パチスロ 美ラメキ!

それを自身で持参してウィンター支部へ行き、ティボールドにも辞令を渡してくれ」「はい、了解しました」 支部長なんて面倒な役職はやりたい人にやらせればいい

 ティボールドは人望もあるし能力もある

意欲だけが足りなかったけど、これから発展する村と支部の長ともなれば、モチベーションを保てるというもの

懸念を取り除き、ウィンター村発展の足がかりを作った今となっては、私が支部長でなくとも運営は上手くいくだろうし

 どこかそれは言い訳めいているのは自覚している

あなたも好きかも:朝鮮討伐 パチンコ
私は他にやりたいことがあるのだ

だから支部長とかやってらんないしー

あなたも好きかも:ウィル パチンコ
――――こうして、無事、私はウィンター支部長を解任された

【王国暦123年10月3日 17:05】「それで……サリーとジゼルを連れてきたのは?」 ブリジット姉さんが訊いてきた

もっともな質問よね

私は二人の少女を交互に見てからニッコリ笑いかけて、その後にブリジット姉さんに視線を移した

「二人を鍛えてもらおうかと思いまして」「ヒイイィイ!」「ヒエエェエ!」 サリーとジゼルは、揃って悲鳴をあげた

口が四角くなってて可愛いな

「おいドワーフの娘よ

この二人はもう初心者とは言えないぞ――――?」「ククク……何か思惑があるのでしょう」 さすが『全知』のキャロルというべきか

この中では一番、私の同型と密接に触れてたんだろうね

「その通りです

ジゼルに短剣の使い方を教えて頂きたいのです

サリーには攻撃魔法を」「ジゼルの方は私に、ということですね