スロット 新機種情報

スロット 新機種情報

「あ、すいません

師匠だけこれに見合うランクに上げてください」「これ?」「リザードマンの素材です」「!!?」 娘はすぐにその袋をひっつかんで中身を確認する

あなたも好きかも:パチスロ まあ さ
 何処から取り出したのか、道具を使ってその鱗をじっくりと観察する

あなたも好きかも:ゴッド 199 パチンコ
 すると、周囲がざわめいているのことに気が付いた

あなたも好きかも:パチスロ 毎日
 どうやら、事の様子を見守っていた冒険者たちが、レミの持ってきたリザードマンの素材という言葉に反応したらしい

 暫くしていると、鱗をみて満足した娘が、恐る恐るその袋をレミに返した

「ほ、本物です……」 娘がそういったと後に、周囲のざわつきも大きくなる

 確か、リザードマンはそれなりに高いランクの冒険者でなければ、討伐すらさせてもらえないのだったか

 何故か誇らしげなレミは、その素材を手に取って一度懐に納める

「え、えっと……木幕さん……でしたか

貴方はBランク冒険者として登録され……」「ちょぉおっとまったぁあああ!!!!」 後ろから大声が木幕たちに飛んできた

 振り返ってみると、そこにはすでに剣を抜刀した冒険者が、こちらに剣先を向けている

「スキルも持ってねぇ奴が! リザードマンを倒しただぁ!? あり得る訳ねぇだろうが!」「事実です」「うむ」「嘘こけぇ!」 その冒険者の剣幕に、周囲の者たちは少し距離を取った

 勇み出てくるのは良いことはだとは思うが、なりふり構わずに得物を抜刀するのはよろしくない

 ここが日の本ならば、木幕は相手がかかってくる場合、すぐに斬り伏せていただろうが、郷に入っては郷に従え

 自ら騒ぎになりに行くようなことはできるだけ避けたい