浅草 スロット イーグル

浅草 スロット イーグル

 あの夢の場所……母が俺の死を望んだ場所

あそこに近付くことを、身体が拒否していたのだ

「…………」 なのに、不思議だ……

 同じ風景を前にしているのに、あの時の恐怖が、今は湧いてこない……

あなたも好きかも:msg パチンコ
 陽光にきらめく水面は、ただ美しいだけだ

 夢の中で何度もここに足を浸した

あの時の俺は小さかったから、あっという間に頭の先まで、水の中だったけれど、今なら……

「レイ」 名を呼ばれ、後ろから抱きつかれて我に返った

あなたも好きかも:難波 カジノ
 振り返ってみると、不安そうな表情のサヤと視線が合った

水面を前に動かなくなってしまった俺を心配したのだと分かって、ちょっと恥ずかしくなる

「いや、大丈夫なんだよ

あれだけ怖かったのに、もうなんともないのが不思議で……見入っていただけなんだ」 そう言うと、ホッとしたのか、表情と腕を緩めた

けれど……

「もう、準備できたから、戻ろ」 俺の袖を摘み、まだどこか不安そうな表情で、そう言ってくる

 その言葉に従って、サヤとともに水面を離れた

 本日宿泊する予定の邸に戻ると、懐かしい顔が出迎えてくれ、俺は彼に微笑みを向けることができたことを、改めて嬉しく思った

「カーク、久しぶり

その後なかなか顔を出せなくて申し訳なかった」 隣の地区を管理するカークが、ご挨拶にと出向いてくれていた

 手紙でのやり取りはあったものの、父上救出の後はすぐに越冬準備に追われてしまった