修羅 スロット 朝一

修羅 スロット 朝一

 ――隠れ家から出たその向こう、美術室に一人の少年が立っている

腕を後ろに回して仁王立ちしたその姿に優樹は「……!」と息を詰まらせ目を見開いた

その怯えた気配で、みんなもようやく悟ったのだろう、「……こいつか!」と

あなたも好きかも:明日のイベント スロット 神奈川
 立花は鼻から息を吐き、腕を組んで睨み付けた

「さっきはよくもやってくれたな?」「何が?」「水ブッ掛けただろうが」「知らない」 無愛想に答える彼に、みんな「……ああ、悪そうなガキだ」と心の中で呟きつつ目を据わらせる

あなたも好きかも:パチスロ【キン肉マン夢の超人タッグ編
「おまえ! 優樹先輩にいたずらしてるんだってな!?」 相川がムカッ! と眉をつり上げ一歩前に出ると、少年は彼に目を向けて睨んだ

あなたも好きかも:岡山 パチンコ 閉店時間
「おまえ、誰? 反町流?」「違う!!」「オレだよ」 と、怒って否定する相川の隣りに反町が出ると、少年はじっと、真顔の反町を見つめた

「顔、覚えた」「……

優樹から少し話を聞いた

前にキミと」 反町は不意に言葉切った

少年が背後から口を握った大きな紙袋をスッと差し出したからだ

 ――人の頭程の大きさだろうか