キャッシュ・アルティメット

キャッシュ・アルティメット

あなたも好きかも:学園黙示録 スロット やめどき
あらゆる冒険者が一番最初に相手にすると言われている弱い魔物を、数多の前例に倣って俺たちも相手にしたのだ

その時にゴブリンをナイフで切り刻んだ時の感覚は、旅に出た後も何度も思い出してしまう

 なぜならば―――――――人間を切り裂く感覚と、全く同じだったからだ

 皮膚の色は違うし、体格も違う

更に知識の量も違うし、ゴブリンは言葉を話さない

あなたも好きかも:パチンコ お菓子 メーカー
なのに、感覚は同じだった

あなたも好きかも:hippo パチスロ
ナイフが皮膚を貫き、筋肉繊維をセレーションでズタズタにして、骨にほんの少し阻まれながらも貫いていく感覚

ゴブリンではなく、相手が人間になっても感覚が全く同じなのである

 偽善者でも、クソ野郎でも同じだ

そしてその前例と同じく――――――――ジョシュアをバラバラにした時の感覚も、全く同じだった

 親父と俺の同時攻撃で、ジョシュアの野郎は見事にバラバラになっていた

身に着けていた防具や制服まで切り刻まれているけれど、あいつが手にしていた魔剣は両断されるのを免れたらしく、魔剣は渡さないと言わんばかりに柄を握りしめているジョシュアの手首から先がぎゅっと握り続けている

「こいつを壊せば…………」「ああ、もうジョシュアは再生しない

ゾンビ共も何とかなる筈だ」 チンクエディアの刀身をそのまま伸ばし、漆黒に染めてから真紅のラインを刻みつけたかのような禍々しい魔剣を見下ろしながら、俺はナイフの中に内蔵されているカートリッジを交換し、点火用の黒色火薬を火皿の中へと注いだ