パチンコ 高槻店

パチンコ 高槻店

あなたも好きかも:倒産 パチンコ店
 次の日からは、わたしが監視する中で、プランタン商会の契約を進めていった

条件の擦り合わせが終わるまでの数日間、わたしは時間を見つけては、同行している自分の側近とヘンリックを始めとした下級文官達を工房へと連れ回し、平民との接し方を見せた

 下町に入ることをブリュンヒルデは嫌がっていたが、「この印刷業が次の流行となるのですよ」と言ったら、唇を噛みしめるような顔でついてくる

「……ブリュンヒルデの流行にかける熱意は本物ですね

感心いたしました」「ローゼマイン様はわたくしを試したのですか?」 むっと細められた飴色の瞳を真っ直ぐに見ながら、わたしは大きく頷いた

あなたも好きかも:オンラインゲーム なんj
ブリュンヒルデにどの程度まで任せられるか、確認したかったのです

あなたも好きかも:中村 橋 パチンコ
流行に関してはどれだけ任せても大丈夫そうですね

安心いたしました」 ブリュンヒルデは認められたことが嬉しいような、意地になって工房へ行ったのに褒められて困るような、複雑な笑みを見せる

 その向こうではダームエルが今までの上級貴族のやり方とは全く違うわたしのやり方に目を白黒させているヘンリック達に向かって、軽く肩を竦めた

「ローゼマイン様は革新的で、慣れたつもりでも振り回されると言ったでしょう、兄上」「よくわかった

……これは、意識の切り替えがなかなか大変だ」 ヘンリックは苦笑交じりにそんなことを言っていたけれど、平民と接することに比較的慣れているという点を考慮して選ばれた若い文官である

 何度か工房へと足を運び、グレッシェルの職人とグーテンベルクの間を取り持つわたしや、フィリーネが職人に質問をしたり、ハルトムートがグーテンベルクの話を聞いたりするのを見るうちに、ヘンリックも同じように会話ができるようになってきた

 ……ヘンリックはダームエルと一緒で、柔軟性があるみたい