モンスターハンター スロット 昇格

モンスターハンター スロット 昇格

「それも含めてあの男だったのだろうよ・・・そう思うのもわかるがな・・・あれが死んで、コータもずいぶんと落ち込んでいた」「康太は幸彦になついていたからな・・・幸彦もいろいろと教えてやっていたようだし

あいつは弟子を持たなかったからな・・・そういう意味で、康太のことを弟子のように思っていたのだろう」幸彦はなぜか弟子を取らなかった

奏や小百合がそれぞれ弟子をとっていたのに対し、幸彦は一切の弟子をとることをしなかった

そういう出会いに恵まれなかったというだけの話かもしれないが、どこか第三者を遠ざけるようなきらいもあった

とはいえ、その行動そのものが善意にあふれていたからこそ、多くの者に悼まれたのだ

そういう意味では幸彦らしいといえなくもないかもしれない

「時にカナデ、コータが封印指定になりそうになっているという話があるのだが・・・そのあたりは知っているか?」「聞いたことがないな

いやそうか・・・人ではなくなってしまったのであれば・・・そういうこともあるかもしれんか」アリスの言葉に奏は悩むように口元に手を当てる

目の前にいるアリスも一応は封印指定なのだ

あなたも好きかも:関東 パチンコ
人ならざる者になってしまったのであれば、同じように封印指定になってしまうのもうなずける話である

あなたも好きかも:真はなのけいじ2 パチンコ
とはいえ身内を簡単に封印指定にするわけにもいかない

あなたも好きかも:パチンコ 暴れん 坊 将軍
何とかしてやれないかと奏は悩むが、今のところ良い案は浮かばなかった

「それはもう確定的なのか?」「一応コータはそうなってしまうだろうとあきらめてはいるようだが、打てる手は打っている

副本部長と掛け合ってそうならない話の流れ自体は作ってある」「ほう、なかなか手際がいいな

なるほど・・・であれば・・・いや待て、そういう流れを作るのはいいが、副本部長がそれを了承したのか?」「そのあたりは少し事情があってな、単なるお願いではないということだ」そういってアリスは副本部長と康太との交渉の内容を大雑把にではあるが奏に伝える

奏は今の本部の状況や思惑を利用した康太の交渉術に舌を巻きながら何度もうなずき感心している様子だった

「なるほど、あの子は本当に小百合の弟子かを疑うほどにそういった交渉や立ち回りがうまいな・・・真理もそうだったが・・・案外小百合は人を指導する才能があるのかもしれないな」成熟しつつある弟子二人が二人ともそういった立ち回りがうまくなっているという事実に奏は小百合の評価を少し改めていた

本人の素行や技術的にはまだまだ至らぬところがあると思っていたが、弟子の指導という一点に関しては自分以上のものがあるのかもしれないと奏は考え始める

将来的に神加も同じように優秀な人材になってくれるのだろうかと奏は期待していた