ビデオポーカー フラッシュ

ビデオポーカー フラッシュ

 俺はコートのポケットに入れてある、セレスがくれたお守りを無意識にぎゅっと握り締める

あなたも好きかも:スロット モンハン 打ち方
 効果があるとは思えないが…可愛い妹の手作りプレゼントだ

大事に持ち歩いている

 今日も先生に想いを伝えるつもりだが…断られるんだろうなあと思っていた

あなたも好きかも:今治 パチンコ
だが…「……うん

ランディ君…で、いい?」「!!…はい!」 初めて…名前で呼ばれた…!俺はそれだけでも、天にも昇る心地だった

 まさか、本当にお守りの効果が!? 周囲は薄暗くて分かりづらいが…先生は頬を染め、俺とは目を合わさずに話してくれた

あなたも好きかも:ジョー パチンコ 保留
「あのね…今日、セレスタンさんに言われちゃった

 一度、貴方が子供で学生だとか考えずに、ランドール・ナハトとして見て欲しいって

 それで…ね

そんな事考えちゃったら…私には、貴方を拒む理由なんて無いのよ…

 私の事を一途に想ってくれて、言葉にしてくれて

 友達想いだし、家族も大事にする人だし、すでに自立出来るほど社会に出ているし…

 でも、だからこそ…! 私なんかでいいの?って思ってしまう

 年上っていうのもそうだけど、私は…貴方に釣り合うような女じゃない

 貴方にはもっと、相応しい女性がいるって…思うの」 …違う、そんな女性いない! 俺は隣に座る先生に体を向け、彼女の両腕を掴んだ

「俺は…先生が好きなんです…! 傾国の美女だろうと一国の王女だろうと、溢れる才能を持っていようと巨万の富を築いていようとも

 俺にはなんの価値も無い…!俺はただ、クレールさんに…隣に立っていて欲しいだけなんだ…」 何故だろう…今までは、彼女に対してここまで感情を露にした事はない