ラプソディー パチンコ

ラプソディー パチンコ

椅子を置いて、膝に突いた頬杖から持ち上がった顔は倦怠感に満ちていた

 タガネは揚々と店内を眺める

「へえ」「なんだい」「見るかぎり物が良いな」「何か買ってくか?」 男が腰を上げる

あなたも好きかも:まどマギ 叛逆の物語 スロット
「いや」 タガネは首を横に振った

あなたも好きかも:オンラインゲーム フラッシュ
「生憎と備えは充分でね」「何だよ、期待させやがって」 男は再び椅子に体を預ける

また顰めっ面になって、頬杖に顎を隠した

あなたも好きかも:ガルパン 作戦名 スロット
 タガネは周囲一帯を眺め回す

一つ尋ねたい」「あんだい?」「ここらの警衛する傭兵団は、どこにいるんだい?」「あー

ヨルシアの旦那たちなら屋敷だ」 男が顔に寄る虫を手で払う

 屋敷となれば――「一段目」である

傭兵団の居所はそこなのだろう

 そして

「ヨルシア」 タガネは唯一の人名に耳を立てる

 男は顎で坂上の方を示した

「傭兵団の頭(かしら)さ」「へえ」 タガネは感心したように坂の上を仰ぐ

 屋敷の影が村を堂々と見下ろしていた

先刻見た姉弟の家の迫力で見劣りするが、なるほど十人ほどならばもてなせる余裕がありそうだ

 男の目が恍惚と屋敷を映す