パチスロ 機 新台

パチスロ 機 新台

息も整い、立ち上がって少し離れたところから神殿を見ようと思った時、扉が開いて少女の姿が現れた

「さ、行くわよ」 僕はこれまで、彼女を散々美少女だ、美人だと評してきた

そこに嘘偽りは無いし、同じ屋根の下で寝泊まりしている現状にいつだってワンチャン感じ続けていた

だから僕は意図せず溢した言葉に誰よりも困惑した

「綺麗だ…………」 困惑から少し遅れてやっと感想が頭に浮かんでくる

あなたも好きかも:パチンコ リライト 199
いつもの活発で無邪気なミラでは無い、儀礼用のドレスを身に纏った少女を改めて綺麗だと思った

ケバケバしいメイクでは無い、薄く唇に引かれた淡い色の口紅と、子供らしい赤らんだ頰を桜色に塗り替えて立つ彼女に心底見惚れてしまっていた

彼女に聞こえてしまっただろうか、面食らったような表情で固まって……ああ、やっぱり彼女は彼女だ

あなたも好きかも:パチンコ 離島
何も変わらない子供っぽさに安心する

あなたも好きかも:パチンコ 感謝デー 景品
「なによなによ、もっと言っても良いのよ?」 化粧崩れが心配になる程満面の笑みを浮かべて、彼女はドレスの裾を持ってその場でクルクルと回り出した

早速だが僕の感想は、綺麗

から、可愛い

に舞い戻った

やはり彼女はまだ子供らしい方がいい

 ほらほらとねだる彼女にお囃子の言葉を浴びせ続け、しばらくすると中からまた一人彼女と似たようなドレスを身に纏う女性が出てきて、僕達を中へ案内する

しかし、改めて見るとなかなかどうして大胆なドレスである