攻殻機動隊 sac 2nd gig スロット 屋上

攻殻機動隊 sac 2nd gig スロット 屋上

 一つには、仮に街が攻められた場合、敵に高速な移動経路を与えてしまうこと

 もう一つには町中を通るわけではないので、北門~北西門~新西門と、利用できる場所が限られてしまうこと

これは正に新幹線の駅だと思うと理解しやすいかもしれない

公営の乗合馬車は認知が進んで利用者が増えているという話で、こちらを在来線と喩えるわけだ

あなたも好きかも:g1ダービー スロット 設定
 乗合馬車は現在も旧西通りになる夕焼け通り、新西門と冒険者ギルド支部前を往復している

 これとは別に、公営にするかどうかは今のところ不明だけれども、北門~新西門~迷宮の新路線もいずれ開設されるだろう

 この発想、『使徒』に鉄道がNGだと念を押されているから本当に惜しい

あなたも好きかも:ジャックポッドシティ
もし鉄道がOKなら、路面電車にトーマスの顔を付けたり、新西通りを走る車両には某JR四国で走っているような新幹線の顔(ひかりフェイス)だけをくっつけたりするところなのに

 西通りはいいとしても、今後、南~北通りで、これ以上交通量が増えてしまったら、どうするんだろうねぇ?「お先でーす」「うぃーっす」「親方おつかれー」 街道工事現場に置いてあった『ロダ』を『道具箱』に触れて、ぱくり……と飲み込むと、まだ終業の興奮に包まれた土木冒険者たちに挨拶をして、そのまま新西通りの予定地を、東に向かって歩き出す

あなたも好きかも:スロット 色押し 意味
 問題の三つ目

 北壁延長部分の工事が途中だったりするのだ

 基礎工事はギルバート組が音頭ををとって、大工ギルドが総出で終わらせた

だけれども、石工ギルドの方はそれほどまとまった団体ではない

 迷宮のスーパー温泉の外壁を工事しているコンパス組、と壁の建設をしている人たちは、冒険者ギルドでいうところの『チーム』が違う

こちらはスクエア組、という少人数チームが担当している