坂東市 パチンコ マルギン

坂東市 パチンコ マルギン

 ただ、その心地いい生活音の中には、耳慣れない雑音も少し混ざっていた

 妙に訛りの強い少女の高い声

あなたも好きかも:カジノ 旅行
 私の目の前で、同じく血の海に浸かった黒髪赤目の少女クウネルが喋る

「――あ、あのー、会長? その『血の人形』、他のやつみたいにドロドロっと消えていませんよ? じぃっと、あてたちを見てますよぉー? さっきから、ずっとー!!」 ク、クウネル……? この人が、あの(・・)『クウネル・シュルス』? いま私を指差して震える少女が、本物の上位魔人であるとわかり、少しだけ興奮する

 どうやら、カナミと《ディスタンスミュート》で繋がったことで、知識が少し共有されたようだ

 おかげで、ここにいる『一次攻略隊』のことも、私が目覚めた場所もわかる

 いま私たちは、人類が防塁を築いていた場所より一日突き進んだ地点にいる

 本来の地図ならば、レギア国の首都を示しているあたりだ

「クウネル、気にしないであげて

彼女は、当たり(・・・)だから」 そして、そのクウネルに答えたのは、『一次攻略隊』リーダーのカナミ

 一歩退いた私から視線を移して、隣のクウネルを安心させるべく笑いかけている

「あ、当たりってなんじゃい!! 正直、会長の言う当たりって、嫌な予感しかせえへんでぇ……」 しかし、むしろカナミの笑顔は、クウネルの不安を加速させてしまったようだ

あなたも好きかも:ゴールデン・ロイヤルズ
 怯えるクウネルに向かって、私は脅威がないことを伝えようとする

『――心配は、要りません

私はどこにでもいる一(いち)清掃員で、あります』 ここは研究院内ではない

 けど、お客様を歓待する職員のつもりで、拙いながらも敬語を必死に使い、彼女の心配を取り除こうと努力した