パチスロ ヘブンズ ドア

パチスロ ヘブンズ ドア

彼女のために命を擲ったひとたちもいたが、彼女は、そういったひとたちの想いを台無しにした挙句、事態を悪化させてしまった

そうするよりほかなかったとはいえ、彼女が後悔と自責の念に駆られるのも仕方のないことだ

そして、実の母に殺意を抱かれているという事実は、シーラに絶望感を抱かせるには十分だった

あなたも好きかも:ギャラクシー スロット
売国奴の烙印

あなたも好きかも:パチンコ 乱数
ガンディアの侵攻

王都での出来事

 目の前で両親を失ったのだ

 シーラが自暴自棄になるのも、道理といえた

 セツナだって、同じような目に合えば、絶望したかもしれない

絶望し、死にたくなったかもしれない

あなたも好きかも:冬ソナ パチンコ
 それで諦めたかというと、別の話だが

「わかってない……!」 シーラが、髪を振り乱しながら叫んだ

以前にも増して長くなった髪が激しく揺れた

「うん?」「わかってるなら、なんで殺してくれないんだよ……! さっさと殺してくれよ! いますぐ、さあ、早く……!」 シーラの死を望む叫びは、セツナの耳に突き刺さる

「焦んなよ

時間はあるさ」「ねえよ……! もう、ねえんだよ」「なにがさ」「俺には、なにもないんだ」 シーラは頭を振った

 「なにも、残っていない」「なにも?」「母上も、父上も失ってしまった

王宮も、王都も――帰る場所も、生きていく理由も、戦う意味も、なにもかも、失ってしまった」 彼女は、そういってきた