関内 パチンコ店

関内 パチンコ店

大丈夫だよ暗くなる視界の中、自分の人生の幕が閉じようとしているのに、最愛の人との息子を安心させる為、唇をゆっくりと開く

しかし、父子で、先程の"音"で耳がいけなくなったらしい

(大切な人からの音が聴こえない

もしかしたら、これが私の人生に与えられた最初で最後の"罰"の時かもしれない)非情のパドリック悪魔の宰相どんな状況でも、成すべき事を成した男はそう呼ばれていた

平定の4英雄の1人で後に宰相となった男は、罪人や敵になった者に対し、どんなに情に訴えようとも靡かず揺れず、聞き入れなかった

"まるで情がないのか、聞き入れる"耳"が本当は機能していないのではないか"そう周りが感じる程、この男は冷然としていた

小さな可愛い唇を必死に動かしながら、息子の緑色の瞳が潤むのがわかる

あなたも好きかも:ゲーム 換金
何かを必死に言っているが、分からないのが悔しいが、自分が無視してきた罪人達の命乞いの声にしたら、アルセンの声が聴こえない罰は軽い方だなと、アングレカムは思う

だって気持ちを伝える方法は、言葉や声や音ばかりではないと、"非情"と呼ばれた男でも知っているから

あなたも好きかも:リゼロ スロット カード 設定差
額に血を流しながら、力が入らない、視界が暗くなるばかりの世界で、父親として、アルセンの為に最後の力を振り絞る

力強い父の眼差しに気がついた少年は、不安で恐怖で流そうとした涙を一生懸命にを止める

あなたも好きかも:パチンコ 革命機ヴァルヴレイヴ 潜伏
だが、一筋だけ涙を流してしまったのが、父の優しい緑色の瞳に映った自分の顔を見てわかった

それでも、父は微笑んでいた

ゆっくりと、最後の力と息子への"愛"を込めて、唇を動かす

が ん ば っ た  

 え ら い よ、 ア ル セ ン(そして、ありがとう、バルサム

君がいたから、私は"家族"が大好きになれたんだ)息子を安心させる為の言葉を口に刻みながら、心は最愛の妻へと馳せていた