ベルセルク スロット 朝一

ベルセルク スロット 朝一

 一度だけ、それに似た記憶を想起したことがある

 あれはローウェンの『亡霊の一閃(フォン・ア・レイス)』を受け止めたときだ

あのとき、僕はあの技を受けきるだけの技量はなかった

だというのに、身に覚えのない記憶と経験によって、それを防いでみせた

あなたも好きかも:規制緩和 スロット
いまならば、あれの意味がわかる

あなたも好きかも:パチンコ 閉店時間 コロナ
 ある限界(・・・・)を超えたとき、あの『仮面の男』の記憶が僕に流入しているのだ

 傾向から察するに、レベルとステータスが人間の限界――20レベルを越えれば越えるほど、流入は激しくなるのだろう

 そして、夢を見るたびに、新たな記憶が僕を埋め尽くしていく

記憶を埋め尽くされ、感情を埋め尽くされ、身体を埋め尽くされていっている

 その果て、僕が僕でなくなってしまうのを、ハイリは心配しているのだ

 そう、心配をしてくれている……

 けど、「――そんなことわかってる」 余計なおせっかいだと、首を振る

 そして、真っ直ぐハイリを見つめ返す

「僕はそれでも(・・・・・・)構わない(・・・・)」 つまり、結局のところ――いまの渦波と昔の渦波、どちらでも僕は構わないのだ

  むしろ、いまの僕が壊れてしまっても、後釜がいることに安心しているくらいだ

 『記憶』とやらを見る限り、昔の『渦波』も妹の『陽滝』を助ける信念を持っている

 人柄も、いまの僕とそう変わらないように見える

それさえわかっていれば安心だ