新台 花の慶次 パチンコ

新台 花の慶次 パチンコ

「来ましたか」「さすがにこれだけ人だかりになっていればね」「子供たちは?」「コレットとピーチが部屋に連れて行った」 考助の答えに、シルヴィアは小さく頷いた

 勿論シルヴィアは、考助たちがこんな場所に子供たちを連れてくるとは考えていないが、きちんと認識を合わせておくことは重要なのだ

 シルヴィアと会話を交わす考助に、相手の男たちが剣呑な表情を向けて来た

「なんだ、お前は?」「なんだはないじゃろう? この馬車の持ち主で、吾らの旦那じゃ」 シュレインがきっぱりとそう言うと、彼女と話をしていた代表らしき男が考助に視線を向けて来た

「ほう? 其方が、か? ・・・・・・随分と物好きだな

まあ、それはともかく、この女では話にならん

あなたも好きかも:悟空 パチンコ
其方であれば、こちらのいうことも理解できるであろう」 なにやらいきなり失礼なことを言っているが、考助は気付かなかったふりをして笑みを浮かべて応じた

「さて、どういったお話でしょう? こちらの様子を見れば、あまりよい話ではないことはわかりますが」 プスリと釘を刺した考助だったが、相手は尊大な態度を崩さずに言い放ってきた

あなたも好きかも:キルラキル パチンコ
「恐れ多くもわが主であるデュドネ卿が、こちらの馬車を所望である

あなたも好きかも:龍が如く スロット ブログ
ありがたく献上するが良い」 その言い方に、考助は思わず驚きや呆れを示すよりも先に、感心していた

 こういう身分差が大きい世界だと、やっぱりこういう物言いをする人はいるのかと

 妙なところで感心していた考助だったが、勿論そんな馬鹿げた要求に答える気は毛頭ない

「お断りします」 と、きっぱり断っておいた

 そのあまりにもあっさりとした言い方に、代表の男は一瞬間をあけたあとでフッと勝ち誇ったような笑みを浮かべた

「ほう? 断ると? 其方は、自分が言っている言葉の意味がよくわかっていないようだな」「と、おっしゃいますと?」「一介の冒険者である其方には、身分というものの差がよくわかっていないようだな」 不快気な顔でそう言った男に、それでも考助は気にすることなく他の男たちに視線を向けながら答えた

「ああ、貴方が言う身分というのは、数で優っていることを盾に、武力で脅して人の持ち物を取り上げることですか」 わざとらしく感心した様子で頷く考助に、周りにいた男たちが顔色を変えた

「貴様!!!」 それを見て、考助は内心で、しまった言い過ぎたと思ったが既に遅い

 この場の雰囲気は、まさしく一触即発といった状態になるのであった

最後まで出すの止めようかと思っていましたが、やっぱり書いてしまいました