壁紙 ブラックジャック

壁紙 ブラックジャック

あなたも好きかも:今後 の パチスロ
 やっていることは、考助たちがクラウンを作るときにやったことと同じことだ

「うーん

支部もどの程度まで気づいているかだけれどねえ

あなたも好きかも:新鬼武者 パチンコ スレ
・・・・・・まあ、無難に今持っている情報を教えるくらいでいいんじゃないかな?」「まあ、その辺りが無難だろうな」 考助の言葉に、フローリアも同意した

 言葉を発したのはフローリアだけだったが、他のメンバーも同じような顔になっている

 これによりこれまで考助たちが得た情報をクラウンの支部長に教えることが決まったのであった

イーザクと馬鹿貴族についての考察でした

ドノバンとアデールは、考助からの情報に大きく目を見開いていた

「・・・・・・それは、本当のことか?」「本当です

といっても、どう判断するかはお二方にお任せします」 考助が今話したのは、闘技者ランク二位のイーザクが使っていた魔道具のことだ

 流石にドノバンもアデールもクラウンを仕切っているだけあって、その異常さにはすぐに気付いたようだった

「魔力を補充できるタイプの魔道具ですか

あなたも好きかも:せんげん台 パチンコ 優良店
・・・・・・てっきり、クラウンで売り出している物が初めてだと思っていました」「ああ、俺もだ

現役のときに同じような物が出来ていればと、何度も考えたさ」 苦笑しながらそう言ったドノバンに、アデールも頷いている

「まあ、そんな戯言はともかく、確かに異常だわな

それで? その話だけで来たわけではないだろう?」 昨日イーザクがコウヒに負けたことは、既にドノバンも聞いている

 冒険者としてもさほど知名度のなかったイーザクが、そんな魔道具をいきなり三つも手に入れて戦っていたとなると、すぐに疑われるのが入手ルートだ