ガーデン スロットタワージャルダン

ガーデン スロットタワージャルダン

 下手をすれば、ノスフィーの魔法から抜け出すよりも、そっちが本命の可能性すらある

 記憶の中にある千年前の始祖カナミの姿を思い浮かべる

 仮面で顔を隠し、放置した黒髪はボサボサで長く、襤褸切れ一つだけを纏った次元魔法使い

あなたも好きかも:バカラ ミニ グラス
いまの僕と始祖の一番の差異は―― 僕は展開中の次元魔法を解除する

「なら――!」 そして、魔法使いでなく剣士として、僕は『剣術』と『感応』だけに頼って、再度疾走する

 もう腕の《ディスタンスミュート》すらない

あなたも好きかも:東浦和 パチンコ 換金
 その僕らしからぬ動きにファフナーは驚きながらも、世界樹に近づこうとする敵を迎撃しようとする

 僕はアレイス流の『剣術』に導かれるまま、身を低くして接近する

 そして、敵の赤い剣と小盾の攻撃を、宝剣の腹で受け流し――密着する

 剣を振り抜くことすら難しい距離の中、そっとファフナーの首筋に剣を押し当てる

 敵が硬いのはわかっている

だが、アレイス流の『剣術』には『鉄よりも硬い敵を斬る技』は当然のようにある

本来、アレイスの剣はファフナーのような特異な敵と戦うためのものだ

 僕は空いている左手で宝剣の刃を押す

 軽く手の平の皮は裂けても、剣を勢いよく引かなければ断たれることはない

両手の力を使って剣を押すことで強引にファフナーの体勢を崩しにかかる