東京都 パチンコ 江戸川区

東京都 パチンコ 江戸川区

いや、このくらいなら慣れてるからいいよ

全然気にしてない」 罅の入った肋骨に、回復魔法を当てながら笑顔で答える

 いまの僕は他属性の魔法を拙いながらも扱える

大きな魔法になると《ディスタンスミュート》を胸に刺して魂を弄らなければならないが、基礎魔法程度ならば問題ない

あなたも好きかも:hotd スロット ゴールド 天井
「慣れてる……のか?」「嘘じゃないよ

骨の一本や二本折れても、いまの僕なら簡単に自分で治せるからね

これぐらいなら……子犬がじゃれついてるくらいだよ」 暗に可愛いものだと言って安心させようとする

 別に強がりでもなんでもなく、本気でそう思ってる

あなたも好きかも:ざくろ スロット 評価
 痛みに対する耐性は、嫌と言うほどついている

異世界に来たことで基本的な身体の丈夫さも上がっている

このくらいの負傷ならば、魔法の練習に丁度いいだろう

「で、でも、痛みはそのままだろ……? ごめん、すぐに抑える」 慣れたものだったが、優しいディアは慌てて漏れでた魔力を身のうちに戻し、体内で凝縮させる

それを《ディメンション》で把握し、一年前との違いを口にする

あなたも好きかも:オンラインゲーム プロバイダ 2ch
「最初と比べると、本当に魔力の扱いが上手くなったなあ……」「アルティ師匠と……悔しいけどシスのやつのおかげだな

もう出力を間違えることは……焦らない限り、ないと思う」 自分の性格がよくわかってきているようで「焦らない限り」と付け加えた

しかし、間違いなく魔力の制御は格段に上手くなっている

 この一年、伝説の使徒から魔法の手本を間近で見せてもらっていたようなものだ

よく考えれば、その上でレベル上げもしてくれたのだから、少しだけあいつに感謝しておこうと思う