今治 パチンコ屋

今治 パチンコ屋

当初はそのまま、《獅子の尾》の隊旗や隊章を掲げた程度だったのだが、ルウファの提案によって大幅に改築、改装され、ナーレスが自分の屋敷の面影を思い出せないほどに変わり果てていた

とはいえ、大きく変わったのは外観であり、内部構造自体に大きな変化はなく、ナーレスも隊舎に入れば、懐かしさがこみ上げてくるといったものだった

 医務室と病室が並んだ区画は、《獅子の尾》専属軍医マリア=スコールが君臨する区画であり、一歩足を踏み入れたが最後、彼女の敷いた法に従わないものは叩きだされるという領域だった

“剣鬼”ルクスが案外おとなしかったのも、それが理由に違いない

いくら“剣鬼”であっても、マリアに敵うわけがないのだ

 ファリアはともかく、ミリュウやシーラが一日、二、三回程度しかセツナの顔を覗きにこないのも、この区画がマリアの領地同然であり、常に彼女の監視下にあるといっても過言ではないからだ

あなたも好きかも:スクラッチくじ 確率
なにより、セツナの病室は医務室の隣だ

あなたも好きかも:パチスロ 号機
少しでも騒げば、すぐさまマリアが飛んでくる

ミリュウもシーラも、マリアには頭が上がらないのだ

 そしてそれは、セツナも同じだ

あなたも好きかも:ドラクエ スロット 攻略法
セツナも、マリアの怒りを買わないよう、細心の注意を払い、体力と傷の回復に努めている

 マリアの機嫌を損ねてはならないという不文律が《獅子の尾》を支配し始めたのは、いつからだろうか

 マリアは軍医だ

それも凄腕の、名医と呼ぶに相応しい腕前の人物であり、最前線で強敵を相手に戦うことを宿命付けられた《獅子の尾》の生命線といっても過言ではない

彼女の機嫌を損ねるということは命の危険に直結するのだ

無論、機嫌が悪くなったからといって手を抜く彼女ではないし、感情で治療結果が左右されるなど、軍医としてあってはならないことだが

「生命力に反応して発光するってやつですよね?」「ええ

人間や動植物の生命力を感知し、反射的に光を発する結晶体

それが我々が魔晶石と呼ぶ鉱石であり、ウルクを始めとする魔晶人形の動力源です」「この間も聞きましたけど、そんなことできるんですか? それに、そこまで明かしてもいいんですか?」「後者については、だれにも真似できないので、なんの問題もない、とだけいっておきましょうかね