横浜 カジノ 撤退

横浜 カジノ 撤退

それは野生で生き延びる上で重要な事である

「一丁上がり……ってやつか?」「そうだな

厄介な幻獣だと思っていたが……思いの外そうでもなかった」 パンパンと汚れや埃を払うように手を叩き、一仕事終えた表情で話すライとエマ

ほんの少し暴れただけだが、その洞窟の入り口付近は崩れ落ちていた

あなたも好きかも:パチンコ 大五郎エックス
「…………

あなたも好きかも:is スロット 実機
……取り敢えず……この洞窟を使う者もいるだろうし……岩だけでも退《ど》かしておくか……」「……そうだな」 そして、崩してしまった洞窟の岩を退《ど》かす事にしたライとエマは、岩を砕いて横に追いやった

「……だが、入り口付近ってのにも拘《かか》わらず……早速幻獣が現れたからな……

……魔物もいるかもしれないし、警戒する事に越したことはないな」「「ああ」」「「うん」」「そうだねー」 ライの言葉に返事をする五人

何はともあれ、リザードマンの件について解決した為、洞窟の奥へ向かうライ一行だった

*****「……はあ、これで全部か……?」「……みたいだな……」 洞窟の奥へ進んだライたちは、名を持たない野生動物を倒していた

あなたも好きかも:カジノ 韓国 合法
 凶暴ではあるが有名ではないとは、これ如何に

それは人の形をしている獣の為、分類的には獣人だろう

無論、殺してはいない

 今居る所は洞窟の真ん中より後ろ辺りの場所だ

日の光は完全に入らなくなっており、今ある光は洞窟の隙間から見えている月の光のみだった

「ふう……割りと入り込んでいる洞窟だし……幻獣・魔物もやっぱ多いな……」 謎の獣人を倒したというもう一つの仕事を終え、一息吐くように壁へ寄り掛かるライ

そして微かな月の光を見るライはふと思い付いた事を話す

「……そういや……一つ気になったんだけどよ……」「「「「「…………?」」」」」 ライの言葉に反応し、首を傾げるレイたち五人

そんな五人を一瞥しつつ、ライは頭を掻きながら彼女らへ尋ねる