エヴァ 13 パチンコ

エヴァ 13 パチンコ

そうやって、おまえは勝手に決めつけて逃げとるだけちゃうんか? 全部を自分のせいにして、それでホンマは楽になろうとしとるだけちゃうんか?」 優樹は目を見開くと焦りを露わに見上げた

あなたも好きかも:パチンコ 絶対 勝てない 店
「……そ、そんなことっ……!」「ちゃうって言えるか?」 試すように目を細める一平に、優樹は戸惑い目を泳がす

そのまま段々と俯き出す彼女に一平は再度ため息を吐き、ポンポンと頭を軽く撫でた

あなたも好きかも:スロット ゴッド イーター 評価
「おまえが苦しむンなら、オレらかてそうや

……おまえ一人、苦しむことはあらへん

おまえの苦しみ少しでも楽にする為に、オレらかておるンやぞ? ……おまえかて同様や

オレらの苦しみ、少しでも楽にしてくれる、その為にはおまえが必要やねん

……オレら、仲間やろ? ……奉仕屋っちゅートコを中心にした仲間やんか」「……」「今までがんばってきたやん

みんなで一緒にがんばってきた

これからもそやろ? ……一緒にがんばって行こうや

……な?」 笑顔で相槌を問う

そんな一平の雰囲気を感じ、優樹は俯いたまま地面を見つめる目を細め、グッとスカートを握り締めた

あなたも好きかも:オンライン麻雀 キャラ
……一平、君……」 掠れた震える声に、一平は首を傾げた

「なんや?」「……

……あの……ね……」「おぅ」「……

私、が……、……」「なんやねん?」「……、……私、が……大島、の、娘って……わかった、時……、……、……どう、だった……?」 途切れ途切れ、恐る恐る問い掛けるような小声に、一平は俯く頭を見下ろしていた視線を上に向けて考えた

「せやなぁ……