神 獣 王 パチンコ

神 獣 王 パチンコ

でも……優樹といたときのことは全部覚えてるよ」 優樹は少し苦笑した

「あの部屋は閉鎖だな」 二階の部屋を見てきた康夫が苦笑しつつ下りてきた

「業者に頼んで掃除をしてもらった方が良さそうだ」「誰がやったのよー?」と、生美が怪訝に眉を寄せると、「おまえだ」と、洋一が目を据わらせ、「おまえもだろ」と、反町も睨んで突っ込む

あなたも好きかも:スロット ドリームクルーン
 立花は深く息を吐くと「オヤジに怒やされる……」と、うんざり気味に呟いた

 ――しばらくはそのままみんなでぐったり

午前中は何も出来ず、ほとんど会話もなくのんびりと過ごした

あなたも好きかも:パチンコ ハマる確率
しかし、お昼頃になると薬も効いてきたのかようやく元気になってきて、軽く食事を摂り終える頃にはいつもの笑顔を取り戻す

「このあと何して遊ぶっ?」 ワクワク顔の白川に、一緒に昼食を取り終えて腹休めをする康夫が笑い掛けた

「川の方で遊んで来たらいい

あなたも好きかも:スロット・ブラザーズ
釣り道具は揃えてあるし

釣れたらその場で調理したらいいよ」「調理って?」 相川が問い掛けると、大介がなんでもない顔で拳を上げた

「魚の頭をド突いて気絶させてやな、そのうちにはらわた取って焼いて食うねん」「……

頭をド突く、って

……」 相川は頬を引き攣らせ、顔色をなくしてそれ以上何も言わない

「料理は大介に決定だな」と、立花が苦笑気味に顎をしゃくり、「ちゃんとお魚さんに感謝して、骨は埋葬するんだぞ」と、白川は真顔でみんなを見回し、「じゃあ、魚釣りに決定だー!」と、華音が楽しげに腕を上げる

「それじゃあ今晩のご飯はお魚がメインね」 賑わう彼らに敬子がにっこりと笑った

「魚が釣れなかったら……おかずは抜き」 容赦ないサバイバル状態に「ウゲッ

それはきつい!!」と、大介は愕然と目を見開いた