麻雀物語 パチンコ

麻雀物語 パチンコ

と思いながら、仕方なく「また、会えるよ」と棒読みで答えると、美射は背中を強く抱きしめてきた

「但馬……私……但馬のことが……本当に……」あー分かった分かった

あなたも好きかも:飲み トランプ
もういいわ……

あなたも好きかも:絶対衝撃 スロット 直撃
こっちは本当にそろそろ気を失いそうである

美射に抱きしめられながら、さらに歌を聞いてクラクラしていると「うぉううぉううぉう~♪ エニウェアー!!ホームウェアー!!ファームウェア!! ウェアウルフ!!ジャッカル!」にゃからんてぃがシャウトの連続に入った

あなたも好きかも:石和 パチンコ 優良 店
ようやく歌が終わりそうだな

とホッして「美射、心配しなくてもまた会えるよ」そう再び、棒読みで答えてやるとようやく美射は背中から手を離した

その隙を逃さずにダッシュで、目の前の光の円柱の中へと入ると視界が瞬く間に光に包まれていき、ホッとしながら気を失う

……横たわって、目を覚ます

「但馬、目を覚ましたのね」いきなり俺の顔を覗き込む美射の顔のドアップで肝が冷える

「……」あれ……おかしいな

何で美射が……

あ、そうかまだ悪夢の中か

そうだな

俺はもう一度目を閉じるが、身体を強く揺れ動かされて美射に無理やり起こされる

「良かった……軍の攻撃で……死んだかと思った……」まだ演技している美射を無視して見回すと、近くの台の上でにゃからんてぃはまたバラードを熱唱していて全身銀色の服と目の大きな被り物に身を包んだ宇宙人っぽい小柄な二人と、その横では小柄な真黒な全身タイツの女……たぶん背丈からしてマイカが、真黒な渦の描かれた丸い被り物を被って、にゃからんてぃの歌に合わせて混成をコーラスを続けている

「……」どうやったらこの悪夢は終わるのだろうか……

美射は目を覚ました俺を勝手に強く抱きしめると「……もうっ……離さないから……」いや、おかしいどう考えてもおかしい