パチンコ 検索妨害

パチンコ 検索妨害

 「優樹!!」「優樹ちゃんどこー!」と、反町と加奈の声が聞こえ、優樹は肩を震わせた

「……こ、……ここ……」 やはり立ち上がることも顔を上げることも出来ず、背中を丸めた状態で声を漏らすが、こんなか細い声では誰にも聞こえないだろうというのは自分でもわかった

 「……ぐす」と鼻をすすってなんとか顔を上げ、握っている携帯電話で電話を掛けると耳に寄せてグイッと目元を手の甲で拭う

《優樹っ?》 すぐに繋がり、優樹は「うっ……」と顔を歪めて涙を零した

「な、流君……っ」《どうしたっ? ……どこっ? ……って言うかひまわりでかい!》 その声が遠くからも聞こえたが、顔を上げることが出来ず、優樹は息を詰まらせながら涙を拭った

あなたも好きかも:s-1 スロット
「こ、ここ……」《手を振ってみてっ……》「うっ……、く、蜘蛛がいるーっ……」 息を震わせ悲痛な声で告げると、耐えられずに背中を丸め、再びすすり泣き出す

あなたも好きかも:スロット 1分間 アウト
「流君早く来てーっ……」《こ、声出してっ、声っ》 戸惑う声に鼻をすすった優樹は、「……流くーんっ!」と大きめに呼んでみた

すると、「あっちだ!」「えっ? こっちじゃなかったかっ?」と、どこからか声が微かに聞こえた

まだ距離があるようだ

 優樹は「……グス」とまた鼻をすすって手の甲で涙を拭うと、大きく息を吸い込み、「……流くんーっ!!」と、強く駄々を捏ねるように叫んでみた

その声に「え? 誰?」「何今の?」と見知らぬ人の声が微かに聞こえたが、今はその気配を探る余裕はない

 しばらくして、近くまでガサガサッと掻き分ける音が聞こえ出し、優樹は顔を上げた

「流君っ……」 しゃがみ込んだままで声を掛けると、茎の間から見え隠れする人影が立ち止まってこちらを振り返った