蕨 パチスロ

蕨 パチスロ

 ずっと残しておくには内容が細かく膨大すぎ、更に流行には巡りが存在するため、そのような形で管理されていた

 よって、どのような意匠も十年で破棄され、また秘匿権を取れるようになるのだが……

「ここのところ移り変わりも早いからねぇ」「えぇ……それは本当に……」 流行の波は必ず十年で巡るわけではない……

 時代によって当然違うし、全く同じものが求められるなんてことは、まず起こらない……

 近年は、少し早い切り替わりが続いていて、そのせいか意匠案も出つくしてしまった感が拭えなかった

「だけど昨年は、意匠師カメリアに随分と助けてもらったよ

 この流行の行き詰まった時代にも関わらず、斬新で新しい発想を沢山いただいた

あなたも好きかも:パチンコ パチスロ 2012
 正直、これほど沢山の秘匿権を一度に確保できたことなど、今まで無かったくらいだよ

あなたも好きかも:めぞん一刻 桜の下で スロット 打ち方
 しかも流行の息が長い品に恵まれたしね」 スランバートさんの視線が、俺の背後に立つサヤに向けられる

 サヤが女性であり、意匠師カメリアであることは、もう伝えてあった

なにせ雇用主だし

 彼女の国は遠い異国で、その異国の服から着想を得た意匠を、提案しているのだということも

 サヤは、恥ずかしそうに縮こまって「お、お役に立てたなら、良かったです……」と、視線を彷徨わせる

 自分は国にあるものを描いているだけ……とか、ズルをしているみたい……とか言っていたし、居た堪れないのだろうな

 まぁ正直、サヤの従者服……あれは特例だ