北斗 無双 パチンコ プレミア

北斗 無双 パチンコ プレミア

 殺すことなど念頭にすら掠(かす)らなかった

 共に脱出する

 自らの判断に疑念すら持たず、その一心で

 セインが振り返る

あなたも好きかも:ブラックラグーン ぱちんこ 曲
「それはそうですよ」「うん?」「だって、私が男前だと思ったんですからね!」 セインの台詞に

 二人が言葉を失って呆れる

「な、何ですか

あなたも好きかも:競馬 テーブルゲーム
その反応は」「…………」「世間知らずのヌシが言うのかのぅ?」「せ、世間知らずって!教皇様がずーっと変な魔法勉強させたり、お堂の中に閉じ込めて箱入り娘にしてたんでしょうが!」「ヌシのようなお転婆なら颯爽と抜け出しとると思って放置しとったのに、意外と勤勉なんじゃもん」「おい、話が逸脱してるぞ」 タガネの一言に二人が振り返る

「俺の想い遣り云々と、セインがどう繋がる」「つまり、じゃ」「…………」「本来なら怨敵のはずのセインを憎まず、殺さずにいるほどの優しい人間じゃ

それに、ワシが生きておるのは……ヌシの中で、ワシが捨て置くほどではなかったということじゃろう」「…………」 ベルソートが微笑む

 タガネは押し黙って、自身の胸に手を当てた

 故郷の事件から今年に至るまで

 長く続いた苦難のすべては、大魔法使いの余興で仕組まれたことである

一人の人間が不幸にも人生を狂わされたことに違いなかった

 小さな安堵があった

 それは母はベルソートの魔手にかかっていないこと