マリオサンシャイン パチンコ 慣性

マリオサンシャイン パチンコ 慣性

あなたも好きかも:009 パチンコ 215 スペック
見て」 と、隣の優樹に見せると、優樹は「……ホントだ」と、不安げに声を漏らした

 時間帯によってだが、数分ごとに連続して掛けてきている場合もある――

あなたも好きかも:パチンコ 夜勤明け
「……なんだか……怖いね……」「この前は、私のロッカーの中にバラの花が入ってたの

一本だけ

そこに手紙が入ってて、また遊ぼうねって」「……、ロッカー、って……」 優樹は少し眉を寄せて繰り返し、真剣な表情で和美を見つめた

「鍵は? ……掛けてなかったの?」「ううん

鍵はちゃんと掛けてたよ」 和美はスマートフォンを鞄に直しながら首を振った

「他にも、机の中にプレゼントが入ってたり、靴箱の中に手紙が入ってたり

この学園の人かもって思ったんだけど、でも、思い当たるって言えば、今はその人くらいなんだ」 「……どうだか」と、反町が目を据わらせた状態でしれっと呟く

 大介はプリクラに写る男から和美に目を戻した

「とにかく、しばらくは一人にならんほうがいいやろな……

いざっちゅう時、こん中で一番家が近いンは誰やろな?」 和美は反町を指差し、反町は嫌そうに顔を背けた