パチンコファン感謝デー 5 月

パチンコファン感謝デー 5 月

小百合はその音が嫌いではなかった

響くように聞こえるその音が、山の尾根に反響して、不思議なやまびことなって小百合の耳に届いていた

あなたも好きかも:モンハン スロット 初代 終了画面
一歩進むたびに音が聞こえる

あなたも好きかも:パチンコ 情報収集
一つ音が聞こえるたびに一歩進む

そんなことをしていると、小百合の眼前には小屋が現れていた

いや、小屋というには少々大きい

あなたも好きかも:凪のあすから スロット 新潟
一軒家といっても遜色ないレベルの大きさの建物だ

この甲高い音は、この場所から聞こえてきている

普通の人間ではたどり着くことが出来ない場所、魔術により、幾重にも結界が施され、人を寄せ付けないこの場所が、小百合の目的地だった

白くなった息を吐きながら、小百合は建物の呼び鈴代わりの鐘を鳴らす

これもまた甲高い音がしながら建物と山の中に響き渡っていくと、先ほどまで一定の間隔でなり続けていた金属音が止んでいた

そしてそれに代わって足音が聞こえてくる

その足音もまた、小百合にとっては懐かしいものだった

勢いよく扉が開くと、そこにはタオルを頭に巻き、冬だというのに半そでの六十を過ぎた男性がそこにいた

「早かったな」「お久しぶりです

予定が早く片付きましたので、少々早めにお邪魔しました」小百合らしからぬ敬語を、聞くものが聞けば驚いただろう

だが小百合にとってこの男性は敬語を使うだけの相手なのだ

「上がって待ってろ

少し立て込んでいてな、片付いたら客間に行く」「お気になさらず