パチンコ 廃止 議員

パチンコ 廃止 議員

「ずっと立ったままというのも失礼でしょうから、こちらへどうぞ」 そう言った世界樹の妖精は、スッと右手を上げた

 すると、世界樹の妖精が佇んでいた場所に、世界樹の根が動いて、即席の机やいすのような物が出来た

あなたも好きかも:きん ぐ パチンコ
 招かれた考助達は、その即席の椅子に腰を掛けた

 見た目はただの木の根なのだが、磨きぬかれた木工製品のような温かみを感じた

あなたも好きかも:鬼太郎 スロット
 それぞれが席に落ち着くのを見てから、考助がふと疑問に思ったことを口にした

「そう言えば、貴方のお名前を聞いても?」 考助にしてみれば、軽い話題のつもりだったのだが、世界樹の妖精は困ったような表情になった

「申し訳ありません

私には、皆様のような具体的な名前はありません」 それを聞いた考助が、思わずシオマラを確認すると、その視線を受けたシオマラが頷いていた

「私が先代から巫女の役割を受け継いだ時も、特に名前を聞いたりはしていません

あなたも好きかも:スロット アインズ
基本的に接するのが私のような巫女だけなので、お名前で呼ぶ機会がありませんから」「考助様が、名前を付けてくださいますか?」 シオマラの説明を聞いた後、何故か期待のこもった視線で世界樹の妖精が、考助を見つめて来た

 その視線を受けた考助は、一瞬ウッと詰まったものの最終的には首を左右に振った

「貴方のような存在に不用意に名前を付けると何が起こるかわからないので、止めておきます」 その考助の返事を聞いた世界樹の妖精は、残念そうな表情になるのであった

 この世界において、名前を付けるというのがいかに重要かは眷属たちの名付けで知っている