パソコン パチンコ アプリ

パソコン パチンコ アプリ

優樹は怪訝な様子でじっとして、「……ふあ」とあくびを漏らす

その姿に、キッチンで洗い物をしながら真里乃は「もう」と呆れ目を細めた

「はしたないわね

あなたも好きかも:アカギ スロット 歌
ちゃんと口を隠しなさい」 「めっ」と注意するものの、優樹はまだぼんやりとしている

あなたも好きかも:スロット イベント 福岡県
起きもしない彼女に反町は苦笑すると、肌の透けて見える薄いアウター越しからそっと腕を撫でた

「そんなに眠たかった?」 微笑み問う彼にゆっくりと目を移した優樹は、じっと見つめ、顔をしかめた

「……コアラが、離れてくれない……」 反町は怪訝に眉を寄せ、外から戻ってきたところの白川はその囁くような声を耳にして「おーっ!」と目を見開き笑顔で近寄った

あなたも好きかも:北斗のけん パチスロ
「起きたな優樹ーっ! あっそぶぞーっ!」 腰に手を置き背中を曲げて愉快げに見下ろすが、優樹はぼんやりと彼に目を移し、また顔をしかめた

「……コアラが、……カンガルーに……」 そこで言葉を切られ、白川はキョトンとし、渋い面持ちで首を傾げた

「コアラがカンガルーに、……なんだ?」「……気にするな

寝惚けてるだけだから」 真剣に問い掛けられて反町はため息を吐くが、白川はまだ「うーん」と悩んでいる

 優樹は尚もぼんやりとしていたが、「……ふあ」とあくびを漏らすとのんびりと瞬きを繰り返した

「……お腹……空いた……」 呟き訴えるだけでそこから起き上がることも動くこともない

 これは寝惚けているのかわからず、反町は苦笑気味に軽く吹き出し笑って優樹の頬をそっと撫でた

「何か食べる?」「……カンガルーが、ポケットから……ハトを……」 声を細めつつ再び目蓋が閉じ、そのまま「すぅー」と寝息を立て出す

 キョトンとする反町の隣で見下ろしていた白川は、「うぅーん」と怪訝に考え込んだ

「さすがにカンガルーの袋からハトは出ないと思うんだよなー

カンガルーはそこまで仕込まないと思うんだよなー」「……考えるな

寝惚けてるだけだから」 と、真剣に悩む彼に反町は真顔で制した