武里 パチンコ

武里 パチンコ

『せっかく平定しても、その後を継ぐものが居なければ、また争いが起きる

人の愚かしさを侮らない方がいい』執事は希に拝むように目撃する、ピーンという人が、大切にも枷にもする"情"というものを操り繰る、賢者となっている所に出会しているのだと理解した

あなたも好きかも:ルーレット 一番勝てる
『そして、グロリオーサ』つと、賢者が今度は"男"の顔になって、グロリオーサを見つめた

『トレニア・ブバルディアが、他の男に抱かれるのを、お前は許せるのか?』『―――――』ピーン・ビネガーという人にしてはとてつもなく乱暴な言葉を使っているのが、彼の執事にも、賢者という人を限りなく信頼する美丈夫にも判った

あなたも好きかも:パチンコ ペルソナ 4 潜伏
その言葉が鬼神と例えられる男を怒らせるのに、十分な乱暴さをもっていたのを伝わってくる

『トレニアが選んだのなら、俺は―――』『トレニアの気持ちじゃない、グロリオーサ・サンフラワー"殿下"、貴殿の気持ちを訊いている』ピーンが苛烈にも感じられる物言いをしながら、スッと手を戸惑っている自分の執事に翳した

あなたも好きかも:鶴見区 パチンコ べラジオ
それを見た瞬間に、ロックは様々な驚きや感情の揺れがありながらも、いつもの"ロブロウ領主邸の執事"に戻る

顔から一切の表情を消して、影のように自分の出す音を控え、頭を下げながら主の後方へと下がった

(自分でも驚くくらい、気持ちが落ち着いてくるのがわかる)執事は背の高い主人の背と白髪の頭を見ながら、それはピーンとグロリオーサが、今は"親しい"という状態からはほど遠い状態になっているためだとロックには分かった

"一触即発"とも言っても過言でもない、緊張した空気が客室の中を今度は満たしている

それはただ潤いや暖かみの感じられない"殺伐"といった緊張感というよりは、逆にありとあらゆる感情が混濁している為に、何が"起爆"に繋がるかが判らないそんな状態だった

その中には、アングレカム・パドリックという人物の困惑と怒りも含まれてもいる

今、彼は秀麗な顔の左の目元に痣を持ったまま、眉間に縦シワを刻み、グロリオーサとピーンの間に立ち、アングレカムが賢者による言葉から親友を庇うように立っている

そしてアングレカム自身、自分がこの2人の間に立つ事は物凄く"場違い"な事になりかねないとも勘づいてもいたが、言葉を挟まずにはいられなかった