マクロスf3 パチスロ

マクロスf3 パチスロ

つまり今から思い付いて…もとい捏造してもいいから…「私の世界で流行った童話の話をしようと…」はい、全て即興です

まだその『童話』の『ど』の字を考えていません

「どんな話ですか?」童話…童話…童話………あ、あるじゃん

童話の代表格みたいなのが

まあこの世界に合わせるために多少…うん、多少の創作はするけど

「とある少女は親とギルドで落ち合う予定がありました

しかし、待てど暮らせど親は一向に来ません

そこで疑問に思った少女は自分の家に向かいました

あなたも好きかも:パチンコ 大 一
そういう訳で家に向かっていた少女はその道すがら兎を見つけました

それだけなら特に気にせず帰っていたのですが…なんと!その兎は言葉を話していたのです

その兎は「いけない、『お茶会』に遅刻しちゃう!」と言いながら裏路地に入って行きます…」あ、ちなみに少女の名前は当分出てくる予定ありません

何でって?色々面倒だから

あなたも好きかも:笑うセールスマン3 パチスロ
主に設定関係で