八幡 パチスロ

八幡 パチスロ

あなたも好きかも:スロット 機械割 検定
 その年長組の顔に中(あ)てられたのか、年少組はおとなしく渡された魔道具をいじっていた

 ちなみに、考助が彼らの主人に当たることは説明されているが、現人神であることまでは説明していない

 それは、ある程度信頼されてからでいいだろうと、ここまで彼らを連れて来たシュミットが言っていた

あなたも好きかも:パチスロ天井一覧表
 考助にしてもわざわざ喧伝するつもりはないので、そのままにしているのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 考助が彼らを使って何をしようとしているのかというと、魔道具を作成する際に魔力の操作の精度をより高くすることを狙っていた

 それが狙い通りにいったために、考助が求めるレベルに達した者から、道具の製作をしていくようにしてもらった

 考助が考案したマジックボックスは、空間魔法が使えなくてもある反応を魔力で促進すれば出来るように考えてある

 要は素材そのもののもつ性質を伸ばせば、求める能力を持つ魔道具が完成するというわけだ

 初めて聞いたそれを聞いたダレスが顔を青くしていた

 はっきり言えば、魔道具作成の根本から考え直す出来事なのだが、考助にしてみれば何を今さらという感じだ

 そもそも現在使われている魔道具も似たり寄ったりの製法で作られている物もある

 単に作っている側がそれに気づいていないだけなのだ

あなたも好きかも:ガルパン スロット vボタン
 狙い通りに成長してくれた奴隷たちは、クラウンの魔道具作成の中核をなしていくようになる

 イスナーニの開発部門が開発した魔道具もまた、彼らが作成することになっていくのであった

というわけで、クラウンの魔道具がどのように作られているか、でした

元々は、普通に外注していたりしたのですが、奴隷がつかえると分かると移り変わっていき、また人数もどんどん増えて行きます

ちなみに、成長した彼らは製造している物に合わせて、そこそこの高給取りになって行きますw残念ながらいる階層から移動することはできませんが、買い物はシュミットがしっかりと手配をしているので、不便なことはありません

現在ヴァミリニア城の元に集められているヴァンパイアは、ヴァミリニア一族とタルレガ一族の二種族になっている

 後から来ているのがタルレガ一族になるのだが、考助から見てもヴァミリニア一族との諍いもなく上手く共同生活しているようだった