パチスロ テラフォーマーズ フリーズ

パチスロ テラフォーマーズ フリーズ

……周りも大事だろうけど、自分のことも大事にして」 注意しているわけでもなく、優しい表情のままの横顔に、洋一は間を置いて笑い掛けた

「わかってる

……って言うか、やっぱ、オレにマジになってきた?」 背中を曲げて顔を覗き込んでくる調子の良さに生美は目を据わらせ、グイッと容赦なく彼のおでこを突き押す

拒絶されて、洋一は「いてて」と笑いながら背を伸ばした

 生美は「ったく」と深く息を吐くと、気を取り直し、見えてきた中等部の校舎を見上げた

あなたも好きかも:花火 スロット 撤去
「……さ、……どんな犯罪者かしら」「音楽室は、確か、北校舎の五階だったっけ?」「さあ

私、ここの中学じゃなかったから知らないわ」「そっか

あなたも好きかも:パチンコ げ
……多分そうだと思うんだけどな」 高校に入って、数回、専門教室の移動があった

そのことを思い出し呟いていた洋一は辺りを見回すと、少し離れた場所、ちょうど校舎から出てきた中等部の少女たちを見つけ、タイミングを逃すまいと足早に近寄った

あなたも好きかも:戦国無双 猛将伝 パチンコ 評価
「ごめん、なあ、キミたち」 愛想のいい笑顔で声を掛けると、談笑していた少女たちは洋一を振り返り、「……うわあ!!」と驚き固まってざわつきだした

「ほ、奉仕屋さんだ!!」「嘘! 本物!?」「山口先輩ですよねっ?」「すごい! 本物初めて見たぁっ!」「写メ! 写メ早くっ!」 キャアキャアと固まって興味津々に騒ぐ彼女らに、「……テンション高過ぎだわこりゃ」と内心苦笑しつつ、洋一は見回し窺った

「ごめんな、ちょっと聞きたいことがあるんだけどさ

いい?」「は、はい! なんですか!?」 携帯電話のレンズを構えられ「どうしようか」とは思ったが、無視して校舎を見上げ問い掛けを続ける